教育システム

実践能力の向上をはかる、院内教育・院外教育の充実

意志ある学びの教育研修体制

私たちは看護学生を明日の担い手であり共に働く大切な仲間であると認識し、実習指導にあたります。
また新卒看護師には、実践能力を高めるための教育体制を提供できるよう工夫して取組んでいます。そして、自ら知を獲得し成長する「意志ある学びの手法」を身につけてもらうことを目指しています。「明るく楽しく仕事ができなければ本物ではない」をモットーに、あなたも私たちと一緒に「意志ある学び」を獲得しませんか。

  • 院内教育としては、下の表のように卒後年次ごと(新卒から管理者まで)の院内研修と看護研究会、各職場勉強会などを連動させた教育プログラムを作成しています。
  • 新卒看護師のみなさまに対しては、各職場においてプリセプターナースにより一つ一つの技術を各個人の速度に合わせて個別指導を実施するとともに、1カ月ごとの集合研修として座学の集合教育や、フォローアップ研修、キャリアプランニング研修を織り交ぜて行なっていきます。
  • 院内にとどまらず院外教育として、看護協会・厚生労働省・地方自治体等主催による学会・研修研究会・講演会等への参加の機会を積極的に提供しています。さらに、海外における学会・研修研究会にも派遣し、多様な見識と知識、経験を業務に役立ててもらっています。
新人研修年間プログラム

目標

  • 日常生活援助のための基本的知識・技術・態度を身につけ、ベッドサイドケアが安全・確実に実践できる。
  • チームメンバーの役割と責任を果たす事ができる。
  • 院内研修、看護実践を通して看護の知識を深められる。
  • ポートフォリオを作成し、自己課題を明確にできる。
4月就任式・オリエンテーション
●社会人としてのマナーと心得
●ポートフォリオ学習・チェックシートの使用方法
●フィジカルアセスメント
●電子カルテ ●医療安全
●看護業務の実際(採血、注射、投薬)
●災害・防災訓練 ●感染管理
新人オリエンテーション( 2 週間)
社会人としての心構えや、学校で学んできた知識を実践するための技術や考え方をレクチャーします。形式は、講義、ワークショップ、院内ラウンドなど。新人同士で注射の練習もします。
5月輸液管理
輸液の基礎を学び、
輸液の目的や用途を理解す
プリセプターシップ
現場での指導や相談役として、先輩看護師がマンツーマンでつきます。経験から得た貴重な技術や知識を与えてくれる以上に、精神面で支えとなってくれます。親しみをこめて「母」と呼ばれるほどその存在は大きい。

ポートフォリオ学習
自己の課題を明確にする手立てとして、自分自身の成長の記録を作成する、当院ならではの取り組み。業務関連の書類やレポート、メモのほか、先輩からの励ましの手紙、患者さんがくださった絵、自分の給料明細など、思い出の品々も一緒にファイリング。たまに見返して、初心に戻ったり、力が湧いてきたり… 
6月リアリティショック対策
状況を正しく理解し
リアリティショックを防止する
7月事故防止対策
現場での事故内容を知り、
事故防止に必要な行動を考える 
8月技術演習Ⅰ
フィジカルアセスメント
フィジカルアセスメントを学ぶ(胸部、腹部、
中枢神経、12誘導心電図、膀胱留置カテー
テル 他)
9月短歌deワークショップ
短歌を詠むことを通して、自らの成長を客観
的に振り返り、同期の仲間と体験を共有する
10月看護過程の展開Ⅰ
日頃の疑問を解決し、看護過程を深める
11月看護過程の展開Ⅱ
日頃の疑問を解決し、看護過程を深める
12月技術演習Ⅱ
未経験・不得意な技術を体験する
1月 人口呼吸器の取り扱い
人口呼吸器の基本的な知識と技術を学ぶ
2月ワークショップ
ポートフォリオを振り返り
自己の成長を確認する
集合研修(1ヶ月毎)
5月以降は毎月テーマを設け、1~2回の新人研修。同期が集まって情報交換をしたり、互いの成長を確認しあえる楽しみな場でもあります。

メンタルサポート
当院には専属のリエゾン看護師(ナース支援担当心理士)が在籍。個人やグループで面談を行い、精神面でのフォローを継続的に行います。
院内研修対象者ねらい研修内容
新入職者看護部の概要を知り、組織の一員としての心構えをする
  • 看護部の理念、方針を理解する
  • 医療チームの中で看護の役割を知る
  • 看護ケアが安全にできるように基本知識、技術を身につける
採用時オリエンテーション 病院理念と看護部方針 職業人としての基本姿勢 基本的看護技術
卒後1年目
  • 日常生活援助のための、基本的知識、技術、態度を身につけベッドサイドケアが安全に確実にできる
  • チームメンバーの役割と責任を果たすことができる
  • 院内研修、看護実践を通して看護の知識を深められる
  • 研究活動に参加する
  • ポートフォーリオを作成し自己課題を明確にできる
採用時オリエンテーション 病院理念と看護部方針 職業人としての基本姿勢 基本的看護技術 輸液 救急看護
フォローアップ
卒後2年目フィジカルアセスメント
卒後3年目フィジカルアセスメント プリセプター研修
卒後4年目
  • 看護過程をふまえた個別的ケアが実践できる
  • チームリーダーの役割と責任を果たすことができる
  • 院内研修の学びを看護実践の場に生かすことができる
  • 課題に研究的に取り組み、看護実践を振り返ることができる
リーダーシップ 看護研究 プリセプター研修
卒後5年目看護過程 看護研究 アサーション 事例検討
卒後6年目
  • 担当看護師として役割モデルになれる
  • 医療チーム内でのリーダーシップを発揮できる
  • 後輩および看護学生に対して指導的に関われる
  • 看護研究・研修を通して看護実践を深めることができる
管理業務研修 アサーション研修 事例検討会 実習指導者研修 学会派遣 各種勉強会
卒後7年目以上
  • 専門看護師として役割モデルとなり、専門性を発揮できる
  • 創造的な看護実践を展開できる
  • 変革の推進者となれる
学会派遣 各種勉強会 事例検討 アサーションフォローアップ研修 看護研究
看護管理者コース
  • 専門看護師として役割モデルとなり、専門性を発揮できる
  • 創造的な看護実践を展開できる
  • 変革の推進者となれる
看護管理者研修 学会派遣 各種勉強会 事例検討 アサーションフォローアップ研修 看護研究
プリセプターコースプリセプターとしての役割を通して、後輩指導のあり方を理解できるフォローアップ
看護研究コース看護研究の手法を学習し、取り組む看護研究の取り組み