看護体制

最新・最良の医療と、「患者さんに安心を」めざして

病床数は482床と比較的小さな病院ですが、多くの大学病院と同様に、様々な学会から専門医認定施設の承認を受けるとともに、若い医師を育成する臨床研修病院に指定されています。
さらに二次救急、ICU・CCUネットワークに対応できる急性期病院として運営しています。
また看護部門では、化学療法の認定看護師、透析看護の認定看護師の実習病院になっています。
当院は重症度の高い患者さまも多く、高度な治療を行うために、看護にも高度な知識と技術が求められます。
それだけに働きがいのある職場です。看護という仕事を選んだ者にとって、自分の可能性を限りなく試せる場でもあります。

より良いサービスは、ゆとりある勤務体制から

三井記念病院では、病棟等各セクションにそれぞれ看護師長・主任・副主任を配置し、業務の充実、メンバーの指導に努めています。

  • 看護方式は固定チームナーシング(受持制)を採用し、1病棟病床数40床に対して、日勤8〜10名、夜勤3〜4名、昼のみ看護補助者3名が勤務しています。
  • 看護配置は7対1です。
  • 2交替制で16時間夜勤を行い、十分な休養がとれるよう勤務計画を立てています。
  • プライベートを充実させて遊びと仕事のバランスのとれた生活を応援しています。
看護体制1
看護体制2
看護体制3